タイヤの早期摩耗原因について

タイヤの主な早期摩耗原因

タイヤの主な早期摩耗原因について紹介致します。

 

タイヤの構造

 

タイヤには「ラジアル構造」と呼ばれる主に乗用車に使われている構造と、
「バイアス構造」と呼ばれる主にトラックやバスで使われている2種類のタイヤの構造があります。

 

一般的には「ラジアル構造」の方が「バイアス構造」に比べて摩耗性に対する耐久性が優れていると言われています。

 

タイヤの性質

 

タイヤの性質によっても摩耗性が早くなります。

 

エコタイヤやミニバンタイヤに比べるとスポーツタイヤの方がよりグリップ力とブレーキ力が高い分、
当然摩耗するスピードが速くなります。

 

空気圧

 

適切な空気圧が保たれていないと当然タイヤにかかる負担が大きくなり、
早期摩耗の原因になります。

 

過積載

 

車に定められた以上の過積載(人)は当然タイヤにかかる負担が大きくなるので、
早期摩耗原因の一つになります。

 

走行

 

ちょいのりなどでよくカーブを曲がったりすると遠心力の兼ね合いで摩擦力がかかり、
車のタイヤに大きな負担がかかります。

 

さらに高速道路を頻繁に運転する場合は、加速をする分走行熱でタイヤが早く摩耗します。

 

環境や気温

 

舗装されていない凸凹道や砂利道はタイヤに大きな負担がかかります。
夏の気温の上昇にもタイヤの早期摩耗の原因になります。

 

 

 

ご注文