スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤとは?

雪道走行用のタイヤで、氷上性能を高めたタイヤの事です。
以前のスタッドレスタイヤは鋲(びょう)を沢山打ったモノが主流でしたが、
走行中の粉塵の飛散による環境問題や、道路面を傷つけて走る環境問題によって、
現在ではサマータイヤと同じ鋲のない見た目的には普通のスタッドレスタイヤが主流です。

スタッドレスタイヤとサマータイヤとの違いは

なんと言っても深い溝がより一層タイヤに入っている事です。

 

これによって氷上走行での滑りを防止する働きがあります。

ではなぜ?氷上でタイヤが滑りやすくなるのか?

それは氷の上をタイヤが走行する事によって、タイヤの重みで氷が溶け出すからです。

これを防ぐ為にタイヤの溝を深くする事で氷の欠片をしっかりと溝に掴んで、

 

溶ける前に道路面からタイヤの溝が離れた瞬間に氷の欠片を押し出して再び道路に排出する。

 

これを走行中に繰り返す事で、走行時やブレーキをかけた時の滑りを極力少なくする効果が期待できる訳です。

 

この原理を活かして、

 

タイヤの全体的なタイヤの強度だけを強めて、
道路の接着するタイヤの表面の部分だけは柔らかい素材を使ったものや、

 

溝を縦方向だけではなく、ジグザグ方向にも加える事によって、より一層氷の排水性を高めたタイプのものなど、

 

各メーカーでは様々な技術力を活かした氷上性能を高めたタイプのスタッドレスタイヤが販売されています。

 

 

ご注文