タイヤのローテーションのメリットについて

タイヤのローテーションのメリット

タイヤのローテーションのメリットについて紹介致します。

 

よく整備点検や車検で整備師さんから、
タイヤのローテーションをしておきますね!
とあなたもタイヤのローテーションをしてもらった経験があるかと思います。

 

ではなぜ?タイヤのローテーションをするのかと言うと、

タイヤを同じ4本の状態で履かせて運転していると、

 

前輪と後輪ではそれぞれ駆動やブレーキによって偏った摩耗が起きるからです。

 

偏った摩耗状態で車を走行し続けると当然タイヤにも負担がかかってくるので、走行にも悪影響を及ぼします。

 

これを防止する為にタイヤの前輪2本⇒後輪2本に後輪2本⇒前輪2本に入れ替えてローテーションをする訳です。

ローテーションをする事によってのメリットは、

@タイヤの偏った摩耗が防止できる(均一的に摩耗する)

 

A均一摩耗によってタイヤの寿命が延びる

 

B均一摩耗によって走行やブレーキが安定的なものになる

以上のような大きなメリットがあります。

 

その他タイヤのローテーションの注意事項としては、

@前輪や後輪同士のローテーションは行わない
(回転方向が逆になるので性能が発揮できない)

 

Aローテーションの目安は5,000km/毎

 

Bスペアタイヤがある場合は5本でローテーションをするのがベスト

 

 

オートウェイ